メールでお問合せ

SCパックと他社との違い

伸和SCパックと他社製品との比較


比較項目 伸 和 S C パ ッ ク 他 社 製 品
制御素子 三相式半導体方式  三相式半導体方式
一部半導体を使っているT社は二相式半導体方式
応答性 1Hz以内
(フリッカー対応では1/2Hz以内)
半導体方式 5〜20Hz以内の遅れ
(電磁開閉器接点寿命のため)
(コンデンサー放電時間が必要)
制御方式 電流制御、よって応答速度が速い。
(電流ゼロクロス制御)
無効電力又は力率制御、よって信号系にも応答
遅れが発生する。
寿 命  約15年 電磁開閉式  (約5年)
コンデンサーの開閉 半導体を使用のため半永久的無接点のため接点の消耗がない。零ポイント投入、遮断するので高調波の発生、誘導障害は全く無い。-20℃での正常動作」確認済。
☆パテント☆
ア メ リ カ No. 4529926
カ ナ ダ No. 1204822
オーストラリア No. 548808
大 韓 民 国 No. 22370
中華人民共和国 No. 11680
中 華 民 国 No. 40124
電磁接触器使用有接点のため接点の消耗有り。投入、遮断時の高調波の発生、誘導障害を起こす。計量装置、計算機等に誤動作を起こす可能性あり。


半導体を使っているT社は無接点のため接点の消耗がない。

無効電力又は力率制御、よって信号系にも応答遅れが発生する。 
リアクトル
イ)突入電流対策
ロ)高調波対策
零ポイント投入のため突入は全くない。コンデンサー容量の6%により高調波拡大せず。
(高調波電流を約50%吸収)
電磁接触器容量で対処している。
一部6%(S社)それ以外は、0.1〜2%までのリアクトルで高調波を拡大しモータトルクの逆相分が発生し正規トルクが減少する。
コンデンサー容量 25・50・75・100KVAの規格
品容量が大きい場合は何台かの組合せ。
(容量に自由性がある)
その都度、容量決定
オーダーメイド
(そこの現場しか使用できない)
規  格 I E C (国際規格品を使用)  J I S 規格品を一部使用)
投入時騒音 有(一部半導体のものは無い)
動作頻度 優る 劣る
過入力サージ 耐圧の高い半導体を使用  I E C J I S 規格品
再点弧現象
フリッカーの低減 実 績 済 逆フリッカーの可能性有り
設置に関して 屋内、屋外共用
コンパクト設計のため搬入、設置スペース少
その都度製作。
外形寸法、重量大のため搬入性良くない。 
品質管理 規格品のため品質管理が行き届いている。 現場状況に応じた設計対応のため品質管理が行き届きにくい。
トラブルの発生に対して 故障部品の交換
半導体開閉器の寿命は、半永久的。
電流リレー部については、ビス4本コネクターで容易に交換可能。
(素人でも交換可能)
故障部品の交換
電磁開閉器の寿命は、通常使用の場合10万回。(3〜5年)
無効電力検出装置に関しては、故障箇所を発見し部品交換。時間を要す。
(メーカーによる部品交換)
納  期 受注後1〜2週間 受注後 約3ヶ月

伸和SCパックと他社製品との比較表

伸和SCパックによるサイリスターの動作テスト

測定日:1998.6.29 技術部

IEC規格の導入

コンデンサ運転状況

系統 定格コンデンサー容量
(kvar)
有効電力
(kw)
無効電力
(kvar)
損失率
(%)
電圧歪み率
(%)
電流歪み率
(%)
1 伸和SCパック 50kvar 0.39 49.99 0.78 1.1 5.5

【結果】

  1. 電圧波高調の最低値(-220*√2=-311V)でサイリスターをONにする事で電流ゼロクロス制御でき、コンデンサ電流の突入及びノイズの発生は一切なし。
  2. コンデンサの開放時に電圧は-311Vで待機する為、すぐに再投入できる。のコンピューターがON・OFFされても一切問題なし。

【まとめ】
技術的に問題なし。非常に高性能である。


【追伸】
伸和技研は25年前、コンデンサの開閉を電磁接触器で行っていたがユーザーからのクレームやトラブルが発生し全てのSCパックを回収し、サイリスター方式と無償で入替ました。この様な経緯でパテントを取得しました。




他社製品による電磁接触器の動作テスト

測定日:1998.6.29 技術部

JIS使い方シリーズ JISハンドブックを効果的に使うために!

回路図

コンデンサ運転状況

系統 定格コンデンサー容量
(kvar)
有効電力
(kw)
無効電力
(kvar)
損失率
(%)
電圧歪み率
(%)
電流歪み率
(%)
リアクトル付 50kvar 2.68 42.76 6.27 1.3 8.4

【通電内容】
No.1の電磁接触器をONし、その後No.2の電磁接触器をONし、2バンク通電しNo.2の電磁接触をOFFにし、その後No.1の電磁接触器をOFFにした。

【結果】

  1. 電磁接触器をON・OFFさせると電圧及び電流波形が歪み高調波が発生した。
  2. 電磁接触器投入時に定格電流の9.1倍もの電流が発生した。又この時に近くのコンピューターが誤作動を起こした。
  3. No.2の電磁接触器を投入すると既に投入されているNo.1の電圧・電流波形が大きく歪んだ。(No.2のコンデンサ電流がNo.1コンデンサは逆流したようだ)
  4. コンデンサのバンク数が3・4と複数になってくれば、もっと波形の歪みは悪化するであろう。
  5. コンデンサ開放後、残留電圧がOVになるまで約3分もかかり次の投入ができない。






お問合せは…
shinwa sc pack 株式会社伸和技研 ISO-14001エネルギー環境支援システム株式会社 伸和技研
〒672-8021 兵庫県姫路市白浜町宇佐崎中3丁目62番地
TEL:079-245-6562 FAX:079-245-8800