メールでお問合せ

高調波による被害


高調波で汚染去れて行く電気


汚染される電気


高調波成分


2〜50次までの3KHzが高調波


共通点とリアクトルの関係


共通点


一番、高率的な高調波改善は

  • 変圧器の二次側で力率改善を行う
  • リアクトルは6%装備する
  • 常に負荷変動と連動できる制御とする
  • コンデンサ開閉時にノイズを出さない
  • 常に95%〜98%の力率を維持する
  • 進み力率にしない
  • コンデンサ及び、リアクトルは乾式とする
  • 高調波による過負荷対策が、されているもの

コンデンサと高調波改善



リアクトルの選択基準


■6%リアクトル

  • 低圧側で力率改善をしたい時
  • 高調波を吸収したい時
  • 第5次・7次の高調波を主体に抑制したい時
  • 電圧歪が余りない時

【欠点】

  • 第3次高調波が多く発生している時、拡大の可能性あり

■13%リアクトル

  • 高圧側で力率改善をしたい時
  • 高調波を吸収したくない時
  • 第3次高調波が発生している時
  • 電圧歪が、かなり有る場合

【欠点】

  • 高調波の吸収は、ほとんど第5次は出来ない
  • 設備コストが高価になります。

高調波の次数


三相回路






お問合せは…
shinwa sc pack 株式会社伸和技研 ISO-14001エネルギー環境支援システム株式会社 伸和技研
〒672-8021 兵庫県姫路市白浜町宇佐崎中3丁目62番地
TEL:079-245-6562 FAX:079-245-8800